1ページ
2ページ
3ページ
4ページ
5ページ
6ページ
7ページ
8ページ
9ページ
10ページ
11ページ
12ページ
13ページ
14ページ
15ページ
16ページ
17ページ
18ページ

【昔からバカにしていた従兄の堪忍袋の緒がキレた結果、二人きりの狭い車内でカラダを弄ばれた夏の日のこと】の続きをみる

エロまんがタイトル

昔からバカにしていた従兄の堪忍袋の緒がキレた結果、二人きりの狭い車内でカラダを弄ばれた夏の日のこと

作家

アシオミマサト

感想

DMM.comの人気エロまんがです。
バカにしていた従妹に、無理やり犯されます。
スタイルのいいツンデレの彼女の驚く顔や、犯される顔がたまりません。
ほぼ無修正で、画力もあり345円と安いので人気のある理由も分かります。

あらすじ

仮免許の練習にと、不細工でバカにしていた従妹を読んで練習中。
山奥で茂みに突っ込んで動けなくなった車・・・。
真夏の山は、太陽の照り変えるような暑さと、セミの鳴く声が響きます。
JAFを読んでいる間、従妹のトシオと二人っきりで待つことに。
彼女は暇だから友達に電話、「車、大丈夫なの?」という声に
私のじゃないし大丈夫と超えています。
「浮気?」という質問には、従妹だし、どんくさいし不細工だからありえないというような答え・・・。
隣でトシオは、事故のショックで泣いています。
それをみた彼女は「何か文句あるの?」とぶっきらぼうに言います。
車が傷ついたことを心配するトシオに、プライドから謝らない彼女。
暑いから窓割って出ればいいじゃんと、窓をけり出す彼女に、トシオは止めろと彼女を止めに入ります。
どさくさに紛れて二人は絡まりあい、トシオの手は彼女のおっぱいに、顔はパンツの真上に・・・。
「謝れ」といつにない威勢で言いあるトシオ。
胸さわっとちて何よと喧嘩になり、童貞の癖にバカにしていると、男として見ていないなら暑いし「脱げよ」と挑発をするトシオ。
トシオが俺を男と思っていないのように「俺もセリカを女と思っていないから」と吐き捨ているようにいいます。
カチンと来た彼女は、ブラを外し手でおっぱいを隠し「こっち向きなさいよ」と挑発します。
「見てやるよ」と彼女の両腕を掴んでマジマジと見るトシオ、息を吹きかけて乳首が反応するのを見て挑発します。
乳首を「ぬちょ」と舐めるトシオ、驚きのあまり声にならない彼女。
トシオは興奮し揉みながらおっぱいを舐め行動がエスカレートしていきます。
両手を抑えて抵抗できない彼女に昔よくなったお医者さんごっこ、今ここでするんだとといい、パンツを脱がせようとします。
「まんこも見てやる」と強引にパンツを脱がせ、とろっとしたマンコを目の前で見るのでした。
そして、ついに・・・・。



  • 最新記事一覧