強姦映画館

強姦映画館_1ページ
強姦映画館_2ページ
強姦映画館_3ページ
強姦映画館_4ページ
強姦映画館_5ページ
強姦映画館_6ページ
強姦映画館_7ページ
強姦映画館_8ページ
強姦映画館_9ページ
強姦映画館_10ページ
強姦映画館_11ページ
強姦映画館_12ページ
強姦映画館_13ページ
強姦映画館_14ページ
強姦映画館_15ページ
強姦映画館_16ページ
強姦映画館_17ページ

【強姦映画館の続きを見る】

エロまんがタイトル

強姦映画館

作家

尾山泰永

感想

展開が早く、エロシーンがサクッと見れます。
美女が汚されていく姿、ムラムラしてきます。
各所でヌケるシーンがてんこ盛りで楽しめます。

あらすじ

エレベーターガールをしている主人公の女性。
急に揺れて、エレベータが止まり、閉じ込められるお客さん達。
暗闇に紛れて、痴漢の手がエレベーターガールを襲います。
乳首をもまれ、マンコを触れれると「くちゅくちゅ」と濡れている音が響きます。
バックで挿入されて、必死に声をこらえる少女。
ついに声で、他の男性にもバレてしまい、密室だから大丈夫と、女性のマンコをパックリ広げます。
ついに乱交が始まり、他の女性も同様に、襲われます。
やっと普及して扉が開くと、乱交していた女性の姿が・・・。



  • 最新記事一覧