ふたりきりの放課後

ふたりきりの放課後_1ページ
ふたりきりの放課後_2ページ
ふたりきりの放課後_3ページ
ふたりきりの放課後_4ページ
ふたりきりの放課後_5ページ
ふたりきりの放課後_6ページ
ふたりきりの放課後_7ページ
ふたりきりの放課後_8ページ
ふたりきりの放課後_9ページ
ふたりきりの放課後_10ページ
ふたりきりの放課後_11ページ
ふたりきりの放課後_12ページ
ふたりきりの放課後_13ページ
ふたりきりの放課後_14ページ
ふたりきりの放課後_15ページ
ふたりきりの放課後_16ページ
ふたりきりの放課後_17ページ
ふたりきりの放課後_18ページ
ふたりきりの放課後_19ページ
ふたりきりの放課後_20ページ
ふたりきりの放課後_21ページ

【ふたりきりの放課後の続きを見る】

エロまんがタイトル

ふたりきりの放課後

作家

みにおん

感想

テンポよくストーリーが進んでいきます。
好きな人と初めてエッチをするシーンは、見ていて恥ずかしくなります。w
女の子が可愛くて巨乳なのが良いです。続きが読みたくなります。

あらすじ

幼馴染の家に、泊まった夜。
くっついて寝ている幼馴染の女の子の胸が目の前にあって、ねぞうを書いた時に顔に胸があたり甘い香りが・・・。
これ以上されたら我慢できなくなると、背中を向けるも後ろから抱きつかれ、パジャマの上からチンコを触られます。
ビクっとした際に彼女が起きると、手が濡れていて・・・。着替えのパジャマを着せてもらいます。
精子がついたパジャマを見て軽蔑されていると思いきや、思い切って告白すると、私も好きと両想いに。
お互いラブラブモードに突入し、乳首を舐めていると、乳首が勃起・・・。
濡れているマンコを見ると、すぐに入れたくなって、挿入しようとすると、射精・・・。
ビックリする彼女が「きれいにしてあげるね」とフェラ。
再び挿入。様々な体位で挿入し、彼女の感じる角度などを確かめながら、思いっ切りエッチを楽しむ二人でした。



  • 最新記事一覧