唄飛鳥

恍惚媚臭_1ページ
恍惚媚臭_2ページ
恍惚媚臭_3ページ
恍惚媚臭_4ページ
恍惚媚臭_5ページ
恍惚媚臭_6ページ
恍惚媚臭_7ページ
恍惚媚臭_8ページ
恍惚媚臭_9ページ
恍惚媚臭_10ページ
恍惚媚臭_11ページ
恍惚媚臭_12ページ
恍惚媚臭_13ページ
恍惚媚臭_14ページ
恍惚媚臭_15ページ
恍惚媚臭_16ページ
恍惚媚臭_17ページ

【恍惚媚臭の続きを見る】

エロまんがタイトル

恍惚媚臭

作家

唄飛鳥

感想

しょっぱなからエロ三昧です。
ストーリーは無視で、セックスと乱交。
乳首の描画が大きく、おっぱい聖人には嬉しいエロまんがです。

あらすじ

クラスメイトの男の子のチンコをしゃぶりまくる淫乱の篠塚。
口でなめつつ、パイずりしつつ、下の口でチンコを加えまくります。
一方、ロッカーの中では弟が、お姉ちゃんがエッチしている姿を見て、ひとりでオナニーしていました。
男の子たちとエッチが終わって、ロッカーに隠れている弟を呼ぶお姉ちゃん。
我慢できなくて、おちんちんが痛いと訴える弟。
何回行ったのと聞くと、5回。あと2回ぐらいはイケるわねと言うお姉ちゃん。
クンニさせてアナルに入れさせるお姉ちゃん。
すごい量の精子をぶちまける弟。我慢できなくなり、マンコに挿入する弟。
近親相姦はダメといいつつ感じつ、大きいチンコを楽しむお姉ちゃん。



最新記事一覧