メガミクライシス Vol.12_1ページ
メガミクライシス Vol.12_2ページ
メガミクライシス Vol.12_3ページ
メガミクライシス Vol.12_4ページ
メガミクライシス Vol.12_5ページ
メガミクライシス Vol.12_6ページ
メガミクライシス Vol.12_7ページ
メガミクライシス Vol.12_8ページ
メガミクライシス Vol.12_9ページ
メガミクライシス Vol.12_10ページ
メガミクライシス Vol.12_11ページ
メガミクライシス Vol.12_12ページ
メガミクライシス Vol.12_13ページ
メガミクライシス Vol.12_14ページ

【メガミクライシス Vol.12の続きを見る】

エロまんがタイトル

メガミクライシス Vol.12

作家

歌麿

感想

喧嘩大好きな女の子が登場します。
かと思いきや、エッチが始まって、フェラの描写などがとてもエロいです。
女の子も積極的なエロい子で、続きが気になる漫画です。

あらすじ

主人公の篤、訳あって女の子から喧嘩をしかけられても、しないのでした。
追いかけてきた可愛い女の子。
キスしたら許してあげると、キスすると、女の子はすかさずフェラをします。
吸いテクニックが上達していて、フィニッシュ直前で、他のクラスメイトの声が。
慌てて、ロッカーに隠れる二人。
狭いロッカー内でチンコを、女のこのお尻に押しあてる篤。
お尻でチンポをこすっていると、女の子が気持ちよくなった所で、ロッカーがあいて篤が落ちます。
チンコ丸出しをクラスメイトに見つかって、逃げていきます。
続きとばかりに、セックスを再開。喧嘩しない理由をセックスをしながら問い詰められるのでした。



最新記事一覧