b360bkubo00720-0001

禁断家族-シークレットラブ-_1ページ
禁断家族-シークレットラブ-_2ページ
禁断家族-シークレットラブ-_3ページ
禁断家族-シークレットラブ-_4ページ
禁断家族-シークレットラブ-_5ページ
禁断家族-シークレットラブ-_6ページ
禁断家族-シークレットラブ-_7ページ
禁断家族-シークレットラブ-_8ページ
禁断家族-シークレットラブ-_9ページ
禁断家族-シークレットラブ-_10ページ
禁断家族-シークレットラブ-_11ページ
禁断家族-シークレットラブ-_12ページ
禁断家族-シークレットラブ-_13ページ
禁断家族-シークレットラブ-_14ページ
禁断家族-シークレットラブ-_15ページ
禁断家族-シークレットラブ-_16ページ
禁断家族-シークレットラブ-_17ページ

【禁断家族-シークレットラブ-の続きを見る】

エロまんがタイトル

禁断家族-シークレットラブ-

作家

わたんかづなり

感想

母と息子の禁断のセックス。
母の淫乱な所が見ものです。
ありえない設定と分かっていても興奮するのは、母が美人でエロい体だからです。

あらすじ

ホテルに入っていく母を尾行していた息子。
ホテルに殴り込み、母の浮気相手を撃退。
お母さんに「いい加減にしろよ」と説教をする息子に対して、母は「お父さんが何年も私に手を出してこないの」
「体の火照りはどうしようもない所まできてる」とオナニーをしながら息子に訴える母。
息子をたぶらかして、エッチ解消と口封じの一石二鳥を企んでいたのです。
アソコを広げて誘惑、オナニーをしてみせると、たまらず息子が母に襲い掛かります。
母と分かっていても、つい体が反応してペニスを挿入。
母は大きい息子のペニスに興奮、本気で感じつつ夢中に。
お互い絶頂に達しホテルを後に。
その後、今夜ねの言葉と共にセックスに励む二人でした。



  • 最新記事一覧